幅広いシーンで活用 | データを失ったときに助けてくれる日本データテクノロジー

データを失ったときに助けてくれる日本データテクノロジー

HDD

幅広いシーンで活用

女性

企業の大切なデータを失わないためにも、バックアップすることは基本中の基本です。バックアップは、USBメモリはHDDなどに行なうのが一般的ですが、最近ではオンラインストレージを使用してバックアップする企業が増えてきています。オンラインストレージとは、インターネット上でデータを保存できるクラウドサービスのことです。オンラインストレージを利用すれば、自社で媒体を用意せずにバックアップできるのでとても利便性が高いのです。オンラインストレージは、オンライン環境下であれば、いつでもアクセスできます。営業先から顧客情報を閲覧したり、すぐに確認が必要な書類を見たりすることができるのでとても利便性が高いです。また、ファイル共有も簡単に行なうことができます。チーム全体でファイル共有ができますし、共同作業もできるので幅広いシーンで活用できます。

オンラインストレージなどのクラウドサービスを利用すれば、バックアップを省略できるというメリットもあります。クラウドサービスでは、ファイルのバックアップを自動的に行なってくれることが多いです。そのためサーバー障害が発生した場合でも、大切なファイルを失うことがないのです。ただ、クラウドサービスによっては、自動でバックアップを取っていない場合もあるので、事前に確認しておいたほうが良いです。利便性が高いクラウドサービスですが、導入コストがとても安いので、気軽に導入することができます。