デジタルに変換 | データを失ったときに助けてくれる日本データテクノロジー

データを失ったときに助けてくれる日本データテクノロジー

HDD

デジタルに変換

男性

一昔前までは、ビデオテープに映像を保存するのが一般的でしたが、今ではDVDが主流になっています。大量にビデオテープがあるという場合は、DVDにダビングをしたほうが良いでしょう。DVDにダビングすることで、得られるメリットはたくさんあります。その1つが、長期間画質劣化しないことです。DVDのディスク寿命は、30年~100年と非常に長いです。保管している部屋の温度や湿度によって寿命は変わってきますが、長期間は保存することが可能なのです。パソコンで見られるのもDVDにダビングをするメリットです。ビデオテープを見るためには、専用デッキを使う必要があり、パソコンでは保存できないので利便性が低いのです。大切な映像をビデオテープに残している場合は、DVDにダビングして、長期間思い出を保存できるようにしておくと安心です。

DVDのダビングは、専門業者に依頼することが可能です。業者に依頼したからといって、画質を向上させることは不可能です。ただ、トラッキングを活用して、ノイズを取り除くことは可能です。そのため自分でダビングするよりも、綺麗な映像で保存ができます。また、大量にダビングをする必要がある場合でも、専門業者に依頼すれば手間と時間をかけずに済みます。専門業者に依頼する際は、サービス品質が高いところに依頼しておくと安心です。評判や口コミ、ホームページなどを見ておけば、質が高い専門業者かどうか判断できます。